銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

自己売買(じこばいばい)とは

証券会社や銀行などで、自社の資金を使って株式、債券、為替などの売買取引を行い、利益を追求する業務のこと。
「ディーリング」とも呼ばれます。
⇔委託売買

証券業界では、顧客の注文を取引所などに発注する「委託売買」、引き受け業務の「引き受け」、募集・売り出し業務の「売り出し」と並ぶ、主要業務のひとつと位置付けられています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

自己売買とは、証券業を行っている証券会社や銀行が自己の資金で自己の考えと計算により株式や債券など有価証券の売買を行うことです。証券会社や銀行は自己売買を行うことによって自社の利益を確保するだけでなく、市場の活性化を狙う意図もあります。自己売買は金融商品取引法で認められた業務ではありますが、大規模な売買が相場に大きな影響を与えて一般投資家に不利益を与えることも考えられるため、対策として一定の制限が設けられています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

証券会社が、投資家や他の証券会社に対して、自己の計算をもって、有価証券の売買を行うこと。委託売買に対する言葉。

(出典 野村證券ホームページ)

 

証券会社が、投資家や他の証券会社に対して、自己の計算をもって、有価証券の売買をおこなうことをいいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

市場内外においてトレーディング商品勘定で行う純粋な自己売買を「狭義の自己売買」とするとともに、投資銀行業務等、本業以外のその他業務(届出、承認業務)における自己勘定投資を含む全体を「広義の自己売買」とした。

(出典 「会員における自己売買のあり方等について(自己売買に関する検討ワーキング・グループ報告書)」)