銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

資産買い入れ基金とは

資産買い入れ基金とは、日本銀行が包括的金融緩和政策の一つとして2010年10月に創設した制度です。市場に潤沢な資金を供給するために、国債、社債、CP(コマーシャルペーパー)、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)などの資産を買い取るために作られました。金利を引き下げ、企業が資金調達する場合のコストを抑制し、景気を下支えすることが目的として、2013年4月4日に廃止されるまで実施されました。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

日本銀行が包括的金融緩和策の一つとして2010年10月に創設した制度。市場に資金を供給するため、資産(国債、社債、CP、ETF、REITなど)を買い取るための基金。金利を引き下げ、企業の資金調達コストを抑制し、景気を下支えすることを目的に創設された。2013年4月に黒田日銀総裁が導入した「量的・質的金融緩和」政策に伴う国債買い入れ枠の拡大で同基金は廃止され、通常のオペによる長期国債の買い入れに統合された。

(出典 野村證券ホームページ)