銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

資産管理機関とは

確定拠出年金制度の実施にあたり、加入者の年金資産の管理や、運営管理機関がとりまとめた運用指示にもとづいて運用商品の売買、年金・一時金の支払いなどを行う機関。主に信託銀行が受けもっている。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

確定拠出年金の資産を預り、加入者の運用指図に従い管理する機関。企業の場合は信託銀行や生命保険会社等が資産管理機関になる。一方、個人の場合は、国民年金基金連合会が受け持つ。

(出典 野村證券ホームページ)

 

確定拠出年金制度の実施にあたり、企業または個人が拠出した掛金を会社財産や個人財産から分離し、年金資産として管理を行う。また運営管理機関が取りまとめた運用指示に基づいて運用商品の売買、年金・一時金の支払いなどを行う。主に信託銀行がこの役割を担っている。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

資産管理機関とは、確定拠出年金の資産を預かり、加入者の運用指図を取りまとめた運営管理機関(銀行、証券会社など)の運用指図に基づく資産の運用や、受給者への年金や一時金の支払い等を行う機関です。企業の場合は信託銀行や生命保険会社、農業共同組合連合会が資産管理機関となり、新たに企業型確定拠出年金を導入する際には信託銀行や生命保険会社と資産管理契約を締結する必要があります。一方、個人の場合は、国民年金基金連合会が管理します。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

加入者および運用指図者(以下、「加入者等」といいます)の資産を管理する機関です。拠出金の受入や加入者等への給付金の支払等を行います。

(出典 損保ジャパン日本興亜DC証券ホームページ)

 

資産管理機関は、加入者等の個人別資産の管理、運営管理機関で取りまとめた運用指図に基づく運用商品の売買、給付の実行を行います。主に信託銀行が受けもっています。事業主は、加入者等の年金資産を分別管理して保全するために、必ず資産管理機関と契約する必要があります。

(出典 デロイト トーマツ グループホームページ)

 

確定拠出年金制度の実施にあたり、加入者個人別の年金資産を他の資産から分離して管理・保全する機関のことです。運営管理機関からの運用の指図に基づき、商品提供機関との資金のやりとりなども行います。

(出典 日本レコード・キーピング・ネットワークホームページ)

 

確定拠出年金制度において、加入者等の年金資産を預かり、加入者等の運用指図にしたがって管理を行う機関のこと。企業型の場合、万が一勤務先の企業が倒産しても、従業員の年金資産が全額保全されるように、企業資産と年金資産を完全に分離した形で管理する。

(出典 フィデリティ投信ホームページ)

 

確定拠出年金制度の運営上設けられる機関のこと。企業又は個人が拠出した掛金を会社財産や個人財産から分離し、年金資産として管理する。また、運営管理機関からの運用指図に基づき、運用機関との資金のやりとりや、受給権者への給付金支払い等の業務を行う。主に信託銀行がこの役割を果たすことになる。

(出典 りそな銀行ホームページ)

 

拠出された掛金を受入れ、確定拠出年金の年金資産として企業の財産から分離して保全する等の業務を行なう機関です。運営管理機関がとりまとめた加入者の運用指図に基づき、運用商品の売買や受給権者への給付金の支払い等を行ないます。

(出典 明治安田生命保険ホームページ)

 

資産を預かり、加入者の運用指図に従い管理する機関のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)