銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

市場金利(しじょうきんり)とは

市場金利とは市場で決められる金利のことを言います。現在では短期と長期で分かれており、短期の場合には無担保コールが代表的になっており、長期的の場合には長期国籍市場が一般的になっています。これによって値段の変動や需要など色んな要素が決められることになります。今後において様々な影響を与える金利になっており、重要性も高くなっています。短期の場合にはある程度コントロールすることができますが、長期的な場合にはコントロールすることが難しいと言われています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

市場で決められる金利のことで、代表的なものに、短期ではコールオーバーナイト(無担保)市場のレートが、長期では長期国債市場のレートがある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

金融機関同士がお金の貸し借りをするときに適用される市場で決められた金利のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)