銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

市場リスクとは

市場リスクとは、別名でマーケットリスクとも呼ばれています。そして市場価格や金利為替レートなどが予見できないリスク、または確率的に変動する恐れのことです。なかでも価格変動リスクが有名ですが、金利や為替のリスクなども忘れてはなりません。また株式市場や債券市場といった金融・商品市場に投資する場合に被らなければならないならないリスクもあります。一般に市場リスクを分散するためには、相互関係を考慮した上で、性格の異なるマーケットに対して分散投資することが基本になります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

価格の変動に伴う損失のような、株式市場や債券市場などの市場に投資することによって生ずるリスクをいいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

株式市場や債券市場などの市場に投資することによって生ずるリスク。 
価格変動リスクが代表的なものだが、金利リスクや為替リスクなどもある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

市場リスクとは、金利、為替、株式等の様々な市場のリスク・ファクターの変動により、資産・負債(オフバランスを含む)の価値が変動し損失を被るリスク、資産・負債から生み出される収益が変動し損失を被るリスクをいう。

(出典 日本銀行/日本銀行金融機構局金融高度化センター「市場リスク管理態勢の整備(2017年6月)」)

 

市場リスクとは、金利、為替、株式等の様々な市場のリスク・ファクターの変動により、資産・負債(オフ・バランスを含む。)の価値が変動し損失を被るリスク、資産・負債から生み出される収益が変動し損失を被るリスクをいう。なお、主な市場リスクは以下の3つのリスクからなる。
① 金利リスク ~ 金利変動に伴い損失を被るリスクで、資産と負債の金利又は期間のミスマッチが存在している中で金利が変動することにより、利益が低下ないし損失を被るリスク。
② 為替リスク ~ 外貨建資産・負債についてネット・ベースで資産超又は負債超ポジションが造成されていた場合に、為替の価格が当初予定されていた価格と相違することによって損失が発生するリスク。
③ 価格変動リスク ~ 有価証券等の価格の変動に伴って資産価格が減少するリスク。

(出典 金融庁「市場リスク管理態勢の確認検査用チェックリスト」)

 

市場リスクとは株式市場や債券市場などにおける、投資対象の市場価値の変動によって生ずるリスクのことです。システマティックリスクとも言います。

ポートフォリオのリスクのうちで、市場そのものがもつリスクが原因で発生しているリスクのことです。これは分散投資では消去できないリスクです。

⇔非市場リスク(レジデュアルリスク)

(出典 auアセットマネジメントホームページ)