銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

事前警告型防衛策とは

買収者が大規模な買付行為を仕掛ける場合に守るべきルールを、対象会社が事前に設定・公表し、買収者がルールを守らない場合等には、対抗措置を採ることを警告するタイプの買収防衛策を事前警告型防衛策という。事前に対抗措置発動の可能性を示唆することで、買収者に当該買収提案に関する必要十分な情報を開示させ、対象会社が買収提案の検討をおこなう時間を確保するとともに、買収者との交渉の機会を確保し、企業価値および株主共同の利益を毀損するような買収を牽制することを目的としている。 

事前警告型防衛策は、現在の日本における買収防衛策の主流となっている。企業ごとに、対抗措置発動の要件や対抗措置の内容、独立委員会の役割等、その設計は様々である。

(出典 野村證券ホームページ)

 

敵対的買収に対する買収防衛策のひとつで、買収の対象企業が、買収を仕掛けられた場合に備えて、あらかじめ買収についての守るべきルールを公表しておく方法です。
そのルールとは、例えば、買収の意図や具体的な経営方針等を示すこと、一定期間の充分な時間をかけて検討時間を設けることなどです。これにより、適切な交渉機会を持つことができ、企業価値や株主の利益に悪影響を与えるような買収者の動きを牽制する効果があります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

事前警告型買収防衛策とは、将来一定の発動事由が発生した場合、差別的内容の新株予約権無償割当などといった対抗措置を講じることなど、買収防衛策の具体的内容を決定し、公表しておくものである。
発動事由としては、定められた手続に従わない場合、株主利益が明白に毀損される場合、対象会社の本来の企業価値に照らして不十分・不適切な場合、その他企業価値や株主利益の重大な侵害がある場合などがある。一定割合以上の株式等を取得しようとする買収者は、事前に発行会社に対して、定められた手続に従う旨の誓約書と買収に関する情報等を提供することが求められる。その後、対象会社によって当該買収の是非が検討され、取締役会の意見が株主に対して公表される。買収者は、この検討期間中は、買収を開始することはできない。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)

 

事前警告型防衛策とは、買収者が規模の大きい買い付け行為をする場合に守らなければならないルールを、対象となる企業が予め設定、公表しておき、そのルールを買収者が守らない場合などに、対抗措置をとることを警告する買収防衛策のことをいいます。対抗措置があることを示唆しておくことによって、買収者に必要な情報開示を行わせ、対象となっている企業が買収提案の検討をする時間を確保したり、買収者との交渉の機会を得たり、企業価値や株主共同の利益を損なうような買収を牽制するのが主な目的です。

(出典 東海東京証券ホームページ)