銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

自然成長率とは

自然成長率(供給の伸び率)は、一国の経済成長率の実力を示しており、労働力人口の伸び率に、労働生産性上昇率を加えたものである。短期的にみると一定の速度で拡大するものと考えられている。 

自然成長率は、国によって異なる値をとる。労働力人口の伸び率や、労働生産性上昇率が国によって違うからである。 

1980年代において、日本の場合、自然成長率は4%程度と考えられていたのに対し、米国の自然成長率は2~2.5%とみられていた。そして、当時の実質成長率(需要の伸び率)は、日本・米国とも3%であった。 

つまり、日本は、自然成長率は4%であるのに対して、実質成長率が3%は低い成長率である。一方、米国は、自然成長率は2%であるのに対して、実質成長率が3%と高い成長率であった。 

自然成長率と実質成長率との差を、需給ギャップという。

(出典 野村證券ホームページ)

 

自然成長率とは、ひとつの国の経済成長率の実力を示すものとされています。労働力人口の伸び率に、労働生産性上昇率を加えたものになりますが、短期的に見ると、一定の速度で拡大するものと考えられています。もちろん、労働力人口の伸び率や労働生産性上昇率は国の状況によっては異なってくるため、自然成長率は国によってさまざまな値をとっています。また、自然成長率と実質成長率の間で生まれた差を、需給ギャップといいます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

労働力人口の伸び率に労働生産性上昇率を加えた値で、国の経済成長率を示す指標です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)