銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

下値(したね)とは

ある値段よりさらに安い値段のこと。
相場が下がったが、まだ下がる余地を残していることを「下値を残す」といい、これ以上、あまり下がる余地がないことを「下値に乏しい」、今後下がったとしても、これ以上は下がらないと予想される株価水準を「下値抵抗線」「下値支持線」と表現し、続落することを「下値を切り下げる」「下値追い」などと使います。
⇔上値

(出典 大和証券ホームページ)

 

現在の株価以下の値段のこと。さらに安い株価のこと。

(出典 野村證券ホームページ)

 

現在の株価よりも安い値段。地合いが悪いが、A社株は、先日発表した決算内容が悪くなかったため下値が堅い。現在、取引されている価格よりも安いことを指します。また、株価は一定の値幅の中で推移しているケースが多く、ローソク足の下値と下値を結んだ線を「下値支持線」といい、これを下値のメドと考えることもできます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

現在の値段よりさらに安い値段のことをいい、単に「下(した)」ともいう。

(出典 日本商品先物振興協会ホームページ)