銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

市中金利(しちゅうきんり)とは

市中金利とは、市場で決まる金利のことを言います。預金金利、金融機関が融資する際の金利、利子の貸出金利、市場で適応される標準的な取引レートであり、銀行間コールローン利率、公社債金利、金融機関間預け金金利など様々な種類があります。更にスワップ金利や国債の利回りなどの長期金利も含まれます。基本的に国債の利率に連動して決まるため、市中金利が上昇するとそれに応じて新たに発行される国債の利率も上昇する傾向があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

短期金融市場の金利など、市場で決まる金利のこと。これに対し現在、日本銀行が政策金利として誘導目標にするのは、市場金利の無担保コール翌日物であるが、以前は日本銀行が民間銀行に円資金を貸し出す金利として決定する公定歩合が政策金利であった。民間銀行は「市中銀行」とも呼ばれる。市中の民間銀行の貸出金利の基になる市場金利を市中金利として、日本銀行がコントロールする政策金利と区別する。

(出典 野村證券ホームページ)

 

金融機関同士がお金の貸し借りをする時に適用される金利のことです。
日本では市場金利といえば短期では無担保コール翌日物、長期では長期国債市場の金利などが代表的です。
銀行の預金や融資のレートはこの市場金利を基に他の要因も考慮して決められます。
「市場金利」とも呼ばれます。

(出典 三京証券ホームページ)