銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

執行役(しっこうやく)とは

指名委員会等設置会社において業務執行を担当する役員のこと。指名委員会等設置会社では、経営全般を監督する機能と業務を執行する機能が分離され、前者は取締役会、後者は執行役が担当する。 

指名委員会等設置会社の執行役とは別に、取締役から直接命令され、特定の業務執行を担う役割として、法的に定義されていない執行役員がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

執行役というのは、会社法上の委員会設置会社の機関の一つです。取締役会の意思の決定に基づいて、その会社の業務の執行を担当する役員のことを指します。一般的には委員会設置会社ではない会社において業務執行取締役に相当するものとなり、代表執行役は代表取締役に相当します。委員会設置会社では取締役会は業務を行わずに、執行役は業務の執行について取締役会の監督を受けることになります。一方で取締役と兼務することも可能で、実際にはこのケースが多くなっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

委員会設置会社における業務執行機関。業務執行を行なう取締役が取締役会の構成員としてみずからを監督するという従来の体制ではコーポレートガバナンスとして不十分なところから,2002年に「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律」の改正により導入され,2005年会社法に引き継がれた。取締役会によって選任され,取締役会から委任された事項に関する業務決定および会社の業務執行を取締役に代わって行なう。執行役が取締役を兼ねることは可能。任期は 1年。取締役会は執行役を監督し,解任することができる(会社法402~403)。この会社では代表取締役は置かれず,代表執行役 (執行役が 1人の場合はその執行役) が会社を代表する。なお,会社に任意に設置される執行役員とは異なる。
(出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

指名委員会等設置会社に設置され、日常の会社業務の実行に当たる役職。取締役会によって選任・解任がなされ、この中から会社を代表する代表執行役が選出される。平成18年(2006)施行の会社法に規定される。
[補説]企業の役職名として「執行役員」があるが、執行役のような法律に規定される名称ではない。
(出典 小学館デジタル大辞泉)