銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

実質GDPとは

GDPは、名目GDPと実質GDPで構成される。

実質GDPは物価の変動による影響を取り除き、その年に生産された財の本当の価値を算出したものである。

たとえば、財の値段が一気に2倍になったとする。この場合名目GDPは2倍となるが、経済の規模も2倍になったとはいいきれない。それは、個人の所得も2倍になったとすると、個人の購入できる財の量は変わらないからである。このように、財の値段が変化することでGDPの数値が変化してしまうことを避けるため、経済の実状を知るうえでより重視されている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

GDPとは国内で生産されたモノやサービスの付加価値を表す国内総生産ですが、物価の変動による影響を取り除き、その年に生産された財の本当の価値を算出したものを実質GDPといいます。
名目GDPは生産数量に市場価格をかけて、生産された財の価値を算出し、すべて合計して算出しますが、実質GDPはここから物価の変動による影響を取り除きます。
生産された財の価格が一気に2倍になったときに名目GDPは単純に2倍となりますが、経済の規模も2倍になったわけではありません。このように、財の値段が変化することでGDPの数値が変化してしまうことを避けるため、物価変動の要素を除いた実質GDPを用いることで、経済の実状を知ることができます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

国内総生産(GDP)の実額を表す名目GDPから、物価の変動分を考慮(インフレ調整)したGDPのこと。

(出典 大和証券ホームページ)

 

物価の変動による影響を取り除き、その年に生産された財の本当の価値を算出したものです。
時価の金額であらわした『名目GDP』から、物価の変動による影響を取り除いて算出されます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

GDPとは「Gross Domestic Product」の略称で国内総生産のことを指します。GDPは一定期間内に日本国内で生み出された付加価値の総額で、内閣府によって算出され、3ヶ月ごと、1年ごと、年度ごとに発表されています。GDPには名目GDPと実質GDPがあり、名目GDPは国内総生産を市場価格で評価したもので、実質GDPは名目GDPから物価の上昇・下落による影響を取り除いたもので、実質的な経済活動の規模を把握するために利用されています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

GDPは、英語名称(Gross Domestic Product)の略で、日本語では国内総生産といい、一定期間内に国内で生産された財(モノ)・サービスの付加価値の合計額です。一国の経済活動を包括的に示す指標・景気を測る指標として重要なもので、内閣府が作成・公表しています。

GDPには名目値と実質値があります。名目GDPは、実際に取引されている価格に基づいて推計されるため、物価変動の影響を受けます。一方、実質GDPは、ある年(基準年)の価格水準を基準として、物価変動要因が取り除かれています。このため、景気判断や経済成長率をみる場合には、名目GDPだけでなく実質GDPも重視されます。

(出典 日本銀行ホームページ)

 

GDP=Gross Domestic Product(国内総生産)とは、一定期間内に国内で生み出された「付加価値」の総額で、国の経済規模を測るための指標の一つ。GDPの伸び率が経済成長率を表す指標として、多く用いられている。 GNP(国民総生産)とGDP(国内総生産)の違いは、GNPから海外進出企業の海外からの要素所得と、国内での外国人の海外送金の差額を控除したものがGDPでなる。 国内総生産には名目国内総生産(名目GDP)と実質国内総生産(実質GDP)がある。実質GDPは、名目GDPから物価変動の影響を除いたものである。

(出典 楽天証券ホームページ)