銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

指定替えとは

指定替えとは証券取引所において所属する市場を移動、変更することで、東証2部から東証1部、東証マザーズから東証2部など、上位の市場の適合基準を満たして昇格することを指します。反対に、東証1部の上場維持基準を満たさなくなって東証2部に降格する場合もあります。

ワンポイント
一般的に上位市場に昇格が決定すると株価上昇の要因になりやすく、降格だと下落の要因になりやすいとされているため、指定替えのニュースは注目されています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

証券取引所で所属する市場を移動すること。二部から一部というように昇格の形が多い。

通常は、市場第一部から市場第二部に指定されることを「指定替え」、市場第二部から市場第一部に指定されることを「一部指定」、マザーズやJASDAQから市場第一部・第二部に指定されることを「市場変更」とそれぞれ区別している。

(出典 野村證券ホームページ)

 

指定替えとは証券取引所において所属する市場を移動する事を指します。具体的にどのような機会で証券取引市場が移動するかと言えば一部と二部の存在から二部は審査基準が一部と比較すると優しい事に対して一部は厳しい審査基準が存在しており二部から一部に指定替えをする事とは信頼出来る株式価値が存在している証明にもなります。信頼できる株式価値になる事によって株式を投資家から募集する際において利益価値の高い物と認識されやすくなる事によって資金収集が依然よりやりやすくなるといった指定替えをするメリットになります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

上場銘柄の所属する市場が替わること。
第2部市場から第1部市場への指定替えがほとんどですが、株主数など有価証券上場規程の指定基準に抵触した場合は、第1部市場から第2部市場に降格するケースもあります。

(出典 大和証券ホームページ)