銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

仕手株(してかぶ) とは

短期間に大きな利益を得ることを目的として株式市場(流通市場)に参加する投資家を「仕手」または「仕手筋」などと呼ぶが、これらの人々が好んで売買の対象として取り上げる銘柄のことをいう。

(出典 野村證券ホームページ)

 

仕手筋が手掛けている銘柄のこと。
または、仕手筋が好んで売買の対象とする銘柄。仕手株は相場の流れによって変わることが多く、仕手株とそうでない株との区別は必ずしもはっきりしていません。

(出典 大和証券ホームページ)

 

仕手筋が投機的に売買する、値動きの激しい銘柄のことをいう。仕手筋の介入した仕手株は大きく乱高下を繰り返した。仕手筋と呼ばれる投機集団がある株式銘柄に介入すると、その株価は乱高下することがあります。仕手筋が好むのは、発行済み株式数の少ない小型株で、その理由としてはまとまった買いを入れるだけで、株価を吊り上げることができるからです。仕手筋が介入したという噂が流れると、それに追随して買いに来る投資家がいます。この動きが広まるほど株価は上昇することがあります。買いによって株価の吊り上げを図る仕手筋のことを「買い本尊」といいますが、こうした買いに対して売りをぶつけてくる仕手筋も存在します。実際には、買い本尊と売り手の間で繰り広げられるパワーウォーズであり、それが株価を乱高下させるのです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

仕手(玄人相場師)や大口投資家などが投機を目的として、思惑で行う大量売買の対象となる銘柄。上昇下落が激しく、ある期間だけ仕手株として扱われることが多く、株価は激しく上昇下落をします。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

大量の資金でもって短期間に利益を得ようする投資家を「仕手」または「仕手筋」といい、これらの投資家が売買の対象とする株のことを仕手株という。

(出典 ひまわり証券ホームページ)