銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

品貸料(しながしりょう)とは

その株を空売りしている投資家が多すぎて、証券金融会社で空売りする為の株数が足りない時に、不足株数を入札形式で機関投資家から調達するのですが、その時の調達した金額の事を品貸料と言います。一般的に品貸料が発生する株は、もうこれ以上空売りをかける事が困難な場合が多くて、売る方に不利になり、買いの勢いがついたら上昇するようになります。その為に、品貸料の発生は、絶好の買場のチャンスが見つかる場面になっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

貸借取引において証券金融会社は、貸株超過銘柄の場合、不足株数を入札形式で機関投資家から調達する。
その入札により決定された金額を品貸料と呼ぶ。

(出典 野村證券ホームページ)

 

融資残が貸株残を超える場合、証券金融会社は不足分の株券を機関投資家から借り入れます。このときに株券を借りるために機関投資家に支払う料率が品貸料です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

「逆日歩」の別名のひとつ。
逆日歩は、信用取引で株不足が発生した場合に、証券金融会社が機関投資家などから株を借りてきた「品借り料」のことです。逆日歩が付くと、以前から売り建てていた人も含めて売方すべてから徴収します。1株単位で1日ごとに発生し、営業日ではなく土日などを含めた暦の日数で計算します。なお、貸し手側から見れば「品貸し料」となりますが、同じ意味の言葉です。

(出典 大和証券ホームページ)