銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

シニア債とは

資産担保証券(ABS)の発行に際してリスクを3分類した中で、最もリスクの低い水準の債券のこと。
「優先債」ともいいます。証券化商品のうち最も安全な部分を「シニア債」といい、最もリスクの高い部分をジュニア債(劣後債)、中間にあるものをメザニン債といいます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

債券が発行される際、リスクや条件の異なる社債が、複数設定される場合がある。設定したものを集めてポートフォリオを作成し、その元利金を担保にして発行される債券をCBOと呼ぶ。
この場合においてリスク度合いを三分割すると、シニア債は、低リスク(高格付け)の債券のことをさす。

(出典 野村證券ホームページ)

 

債券が発行される際、リスクや条件の異なる社債が、複数設定される場合において、リスク度合いを三分割すると、シニア債は、低リスク(高格付)の債券のことです。
高リスク(低格付)のものを、ジュニア債、中間のものをメザニン債と呼びます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

シニア債とは「優先債」とも呼ばれることがあります。証券化商品などの債権は発行される際に、複数のリスクや条件で設定されることがあり、リスクの高さに応じて3つのランクに分けたとき、一番リスクの低い債券のことをシニア債と言います。中間的なリスクのものをメザニン債、3つの中で最もリスクの高い債券をジュニア債と呼んで評価します。リスクは一番低いですが、利回りにおいても一番低いのでシニア債の特徴はローリスク・ローリターンということです。

(出典 東海東京証券ホームページ)