銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

地場受け(じばうけ)とは

証券会社および外国証券会社が、他の証券会社および外国証券会社の役職員から有価証券の売買注文を受けることをいう。

地場受けは、日本証券業協会の規則により、おこなってはならないことになっている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

証券会社や外国証券会社が他の会社の従業員から有価証券の売買注文を受けることを地場受けといいます。本来、自社で売買注文を他社に出すことは不合理な行為となっています。目的として、顧客の金銭や有価証券を横領することや、インサイダー取引に利用することを防ぐためであり、日本証券業協会の協会規則でも禁止であると明記されています。ただし、金融商品取引業者などの書面によって承諾されている場合や、国債証券・投資信託・外国投資信託の受益証券にかかる取引は除きます。

※本規制は、2017年8月1日付けで廃止となりました。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

協会員が、他の協会員の役職員から、当該役職員が他の協会員の役職員であることをあらかじめ知らされている場合において、有価証券の売買注文を受託すること。自主規制規則において、協会員が地場受けすることを禁止している。ただし、事前にその役職員が所属する協会員が書面による承諾をしている場合は注文を受けることができる。

※本規制は、平成29年8月1日付けで廃止となった。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

証券会社の役職員が株式取引を行なう場合は、必ず自分の会社で行なわなければなりません。委託注文の発注者が他社の証券会社の役職員だとわかっていながら、注文を受注することを「地場受け」といいます。
証券会社の役職員が他の証券会社に自分の注文を発注することを「地場出し」といいます。これらは、証券会社役職員の禁止行為として明記されています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)