銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

支払手形とは

支払手形とは、会社が取引を行ない、商品を購入したり受けたサービスに対して、代金を支払う義務のことである。支払い手形には、約束手形と為替手形の2種類がある。

支払手形は、会社の業務上の取引において、代金を支払う債務として、取引先に交付した約束手形と為替手形のことである。

約束手形は、振出人が手形を保有している人に対して、記載されている金額を期日までに支払うことを約束する手形のことである。

為替手形は、売掛金のある取引先に対して、仕入先にたいして代金の支払をしてもらう時に使うことができる。特に、外国貿易の決済などで利用されることが多くあるのである。

会社が仕入れをすることで生じた支払い義務を仕入債務というが、手形が存在する時には支払手形を、存在しない時には買掛金として区別して手形債務を処理する。

会社の取引においては、仕入れの代金として支払い手形を渡すことができ、いつまでに記載された金額を支払うということを約束することができる。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

買掛金のうち、取引先に振り出す証書である「手形」の裏付けのあるもの。
約束手形を振り出したり、為替手形を引き受けたりした際に発生する債務です。財務諸表の勘定科目のひとつで、負債の部の流動負債に区分されます。
⇔受取手形

(出典 大和証券ホームページ)

 

仕入先との間に発生した、その企業の主たる営業取引から発生する手形債務のこと。貸借対照表の貸方項目のひとつである負債に表示される。
一定の期間内に手形代金を仕入先に支払うことを約束したもの。手形代金を支払ったら消滅する。

(出典 野村證券ホームページ)

 

支払手形とは、企業の主たる営業活動において、仕入先からの仕入れによって発生した手形の債務のことを言います。仕入先に対し、手形に記載された一定の期間内に手形に記載された金額を支払うことを約束するものであり、代金の支払いを済ませると手形債務は消滅します。また、支払手形は貸借対照表においては、貸方項目である負債の部に計上されます。その際、企業の主たる営業活動以外の活動から生じた支払手形とは区別して計上されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)