銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

四半期配当(しはんきはいとう)とは

株式会社が四半期ごとに剰余金の配当をおこなう制度のこと。

従来、株式会社は剰余金の配当について、定時株主総会の承認による期末配当と、定款に定めを置いた場合の中間配当の年2回までしか認められていなかった。しかし平成17年に成立した新会社法では、会計監査人を設置した会社が定款に定めを置けば、原則として取締役会決議によりいつでも、回数の制限なく剰余金の分配をおこなえるようになった。

企業にとって、投資家が配当を受け取る機会を増やすことで、安定株主を確保できるというメリットがある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株式会社が四半期ごとに剰余金の配当をおこなう制度のことです。平成17年の新会社法成立にて、定款に定めておけば原則として取締役会決議によりいつでも、回数の制限なく剰余金の分配をおこなえるようになりました。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

四半期配当とは、株式会社が四半期ごとに剰余金の配当を行う制度のことです。従来は年2回までしか認められていませんでしたが、平成17年に成立した新会社法で、原則として取締役会決議によって回数に制限なく、いつでも剰余金の分配を行うことができるようになりました。四半期配当の目的として、個人投資家を中心に株主の安定した確保、定着を図るため、株主に対して透明性を示すためなどがあります。また投資家にとっても、年間配当金が増える可能性があるというメリットがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)