銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

シャープレシオとは

リスク(標準偏差)1単位当たりの超過リターン(リスクゼロでも得られるリターンを上回った超過収益)を測るもので、この数値が高いほどリスクを取ったことによって得られた超過リターンが高いこと(効率よく収益が得られたこと)を意味します。異なる投資対象を比較する際に、同じリスクならどちらのリターンが高いかを考えるときに役立ちます。
このシャープ・レシオは、リスク調整後のリターンを測るものとして、投資信託の運用実績の評価などにも利用されます。

ワンポイント
例えば、利回りが12%の投資信託Aと14%のBがあったときに、ポートフォリオリスクがそれぞれ5%と10%、無リスク資産の利回りが2%だったとします。
投資信託Aのシャープ・レシオ=(12-2)÷5=2.0
同Bのシャープ・レシオ=(14-2)÷10=1.2
となることから、Aの方が効率的な運用ができていると考えられます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

リスクを取って運用した結果、安全資産(リスクがゼロと仮定した資産)から得られる収益(リターン)をどの位上回ったのか、比較できるようにした指標です。
ファンドの運用成績を比較する場合に広く用いられています。単にリターンを比較するのではなく、その裏にあるリスクとの見合いで運用成果を判断しようとするものです。
数字が大きいほど、
=「リスクの割にリターンが大きい」
=「効率よくリターンを上げている」
=「運用成績が優れている」
ことを示します。
リターンの水準が同じであれば、取ったリスクが小さいほどシャープレシオは大きくなります。
取ったリスクが同程度であれば、リターンが大きいほどシャープレシオは大きくなります。

シャープレシオの求め方
「(ファンドの平均リターン-安全資産利子率)÷標準偏差」で計算されます。

リターンのうち安全資産(リスクがゼロと仮定した資産)を上回った部分( = 超過リターン)を、リターンの変動度合い( = リスク)を示す標準偏差で割ることで、取ったリスク1に対する超過リターンの大きさが示されます。
安全資産利子率には、日本では無担保コールレート(コール・ローンの一種の利率)などを使用します。

何故ファンドの平均リターンから安全資産利子率を引くかというと、リスクを取った以上、リスクを取らないで得られるリターンよりも高いリターンを得られなければ、意味がないからです。
<例1>ファンド間の成績比較・・・2つのファンドの成績を比較しましょう。
【仮定1】無担保コールレート:0.1%、Aファンド(リターン:10.1%、リスク:10%)
Bファンド(リターン:19.1%、リスク:20%)
[ 比較 ]Aファンド:
(10.1%-0.1%)÷10%=シャープレシオ 1.0
Bファンド:
(19.1%-0.1%)÷20%=シャープレシオ 0.95

リターンを比較するとBファンドの方が勝っていますが、取ったリスクに対するリターンで比較すると、Aファンドの方が割の良いファンドだということになります。
<例2>同一ファンドの成績比較・・・成績の変化を見てみましょう。
【仮定2】金利水準が上がり無担保コールレート:1.1%のとき、Aファンドのリスクとリターンは<例1>と同水準
[ 比較 ]以前のAファンド:
(10.1%-0.1%)÷10%=シャープレシオ 1.0
現在のAファンド:
(10.1%-1.1%)÷10%=シャープレシオ 0.9

以前と同じだけリターンを上げているように見えますが、リスクを取らずに1.1%稼げる時期(安全資産の利率が1.1%)にリターンが増加していないということは、Aファンドはリスク見合いの収益力が落ちてきている、と考えることができます。

シャープレシオの注意点
| 比較対象の選定 |シャープレシオは、ファンドがどの資産に投資しているかによって値の傾向が変わってしまいます。ファンドのシャープレシオを比較する際は、同様の資産に投資するファンド間で比較する必要があります。
| 比較期間・時期 |どの期間においてシャープレシオを算出したかによっても値は大きく変わります。3年間の収益を比較したシャープレシオであれば、どの時点での3年間なのか、注意する必要があります。
| マイナスの成績 |運用成績がマイナスの場合、リスクが大きいほど数値が大きくなるので、注意が必要です。
Cファンド:超過収益が-10%でリスクが10%のとき→シャープレシオ-1
Dファンド:超過収益が-10%でリスクが20%のとき→シャープレシオ-0.5
リターンの低さ(-10%)が同水準のとき、リスクが大きいDファンドの方が効率が悪いはずですが、シャープレシオの値はCよりもDの方が大きくなっています。
また、シャープレシオによるファンドの評価は、あくまでも過去の運用成績にもとづいた評価であって、今後も同じような運用成績であることを示すものではないことにも注意する必要があります。

名前の由来
アメリカの経済学者で、資本資産評価モデル(CAPM)の創始者であるウイリアム・シャープ博士が考案したことから、シャープレシオと呼ばれています。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

投資信託の運用成績を測るための指標のひとつ。ポートフォリオの総リスクを示す標準偏差で計測される。

一般的には、ポートフォリオの年率換算後の収益率(ここでは平均リターン)、標準偏差、無リスク利子率が用いられ、 {(ポートフォリオの平均リターン)-(無リスク利子率)}/(ポートフォリオの標準偏差) で表される。

単純なリターンの大小ではなく、そのリターンを得るためにどれ位のリスクをとっているかを計測する。数値が大きいほど運用効率が高いことを示す。一般的に、同種の投資対象分類ファンド同士を比較するのが効果的とされている。 なお、リターンがマイナスの場合には、リスクが大きいほどシャープレシオが大きくなるという制約を伴う。

指標の考案者は、米国の経済学者であるウィリアム・シャープ(William Sharpe)。

(出典 野村證券ホームページ)

 

投資信託(ファンド)の運用成績を測るための指標のひとつで、単純なリターンではなく、そのリターンを得るためにどのくらいのリスクを取っているかを計測したもの。
「シャープ測度」ともいいます。月次リターンのバラつきを示す標準偏差をリスク尺度として、負担したリスク1単位あたりの収益効率性をみるための指標です。数値の大きい方が効率よく運用されていることを示します。ポートフォリオのリターン、標準偏差、無リスク資産の収益率で計算します。

リターンがマイナスの場合には、リスクが大きいほどシャープレシオが大きくなります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

一般的に、リスクとリターンはトレードオフの関係にあると考えられていることから、同じ収益率を獲得するのに低いリスクでそれを達成する方がより優れているといえる。そこで「リスク1単位あたりの超過収益率」を計算することでパフォーマンスの優劣を評価しようと考え出されたのがシャープ・レシオであり、リスク調整後リターンとして利用されている。この数値が高いほどパフォーマンスの効率が良いとされる。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

投信の比較に用いる代表的な指標のひとつとして、運用で取ったリスクに見合うリターンを上げたかどうかを測る「シャープレシオ」がある。数値が高いほど「より小さいリスクでより大きなリターンを上げた」ことを意味し、運用効率がいいことを示している。

横文字の名称で難しそうに見えるが、米国の経済学者であるウィリアム・シャープ(William Sharpe)が考案した比率・割合(レシオ)なので「シャープレシオ」と呼ばれる。

どちらが運用効率のいい投信?

投信Aと投信Bを比較してみよう(図A)。過去3年の運用で得られたリターン(基準価格の上昇率)はどちらも10%で変わらず、どちらを買っても優劣はないと考えがちだ。

しかし、基準価格の振れ幅を示すリスク(標準偏差)は投信Aの方が小さい。つまりリターンは同じでも、Aは「緩やかに上昇した投信」、Bは「乱高下しながら結果的に上昇した投信」と言える。基準価格が上がったり下がったりを繰り返す投信Bに対し、値動きが安定している投信Aは運用効率が良く、投資家が比較的安心して投資できる。

シャープレシオの計算式
運用効率がいい投信を探すのに便利なのがシャープレシオだ。わかりやすく単純化した計算式は以下の通り。

<計算式>シャープレシオ=(リターン-無リスク利子率)÷リスク

リターンは一定期間における基準価格の騰落率(平均リターン)、リスクは標準偏差。無リスク利子率には無担保コール翌日物や国債などリスクのない資産の金利を当てはめることが多い。最近は超低金利が続いているので無リスク利子率を省略し、単純に「リターン÷リスク」の簡略式でもほぼ同じ答えが導きだせる。

シャープレシオは高いほうが望ましいとされる。分母のリスク(基準価格のブレの大きさ)がより小さく、分子のリターンがより大きいことを意味するからだ。

使い方に注意点も
シャープレシオを使って投信を比較する際に、気を付けたい点がいくつかある。まずはリターンがマイナスの投信。リターンがマイナスだと、リスクが大きいほどシャープレシオの値が高くなる(評価が良くなる)ので注意が必要だ。

また、その投信が「ハイリスク・ハイリターン」か「ローリスク・ローリターン」かの判別ができない。例えばリターンが20%でリスクが20%の投信も、リターンが3%でリスクが3%の投信もシャープレシオは1程度になるからだ。

算出に使う平均リターン、標準偏差はともに過去の数字で、将来も同じ状況が続くとは限らない点にも留意が必要だ。

(出典 日本経済新聞 投信コラム 運用効率を測るシャープレシオ(気になる投信用語))

 

「リスクに見合うリターンが上がっているか」という、投資効率の良さを数値化したのがシャープ・レシオです。個別の株や債券、投資信託など、金融投資商品同士を比較する際に使われる、代表的な指標のひとつとなっています。この数値が大きいほど、小さなリスクで大きな投資リターンを上げたことを意味します。

一定期間の投資結果は、元本に対して何%のリターンが得られたのかでも測ることができます。しかし、単なるリターンの比較では、投資家が選択しているリスクが考慮されていません。

例えば、投資信託A、Bともに、年平均リターンが5%だったとしても、Aはリスクの大きい商品、Bはリスクの小さい商品であれば、Bのほうが効率の良い投資結果といえます。

シャープ・レシオは、そのような投資効率の良し悪しを比較するため、「リスクを冒して運用した結果、無リスクから得られるリターンを、どのぐらい上回ったか」を数値で表しているのです。この数値が大きいほど、小さなリスクで大きな投資リターンを上げたことを意味します。

シャープ・レシオの計算方法
シャープ・レシオは、「これから投資しようとしている金融商品が、過去にどのようなリスク対比で動いてきたのか」を見るために使われます。

金融商品を販売している会社のウェブサイトなどでシャープ・レシオを調べることができ、次のような計算式に基づいて算出されています。

 

対象期間のシャープ・レシオ=(リターン-無リスク利子率)÷リスク

 

リターンとは、対象期間の年率平均リターンのこと。

無リスク利子率とは、「リスクを冒さなくても手に入るリターン」のことで、リスクのない金融商品を買ったときの利子率となります。3ヵ月国債の金利などが使われるのが一般的で、日本の場合は、現在は0%として計算されます。

例えば、直近5年間の年率平均リターンが10%だったのファンドAとB(ともに日本円建て)があるとして、ファンドAはリスクが5%、Bは8%だとすると、それぞれのシャープ・レシオは、次のようになります。

 

Aのシャープ・レシオ=(10-0)÷5=2

Bのシャープ・レシオ=(10-0)÷8=1.25

 

シャープ・レシオの使い方と注意点
シャープ・レシオは、次のように投資で活かすことができます。また、注意点にも気を付けましょう。

・同じアセットクラスの比較に使う
シャープ・レシオは、基本的には「日本株」同士など、同じアセットクラス(カテゴリ)の商品比較に役立つものです。

例えば、リスクの高い「日本株」とリスクの低い「日本債券」を比較した場合、日本株のシャープ・レシオが高くても、そもそもリスクを冒したくない投資家にとっては日本株への投資は選択肢にないでしょう。

・違う通貨建ての商品比較に使ってはいけない
シャープ・レシオは、同じ通貨建ての商品比較に使います。シャープ・レシオの計算で使われる「無リスク利子率」は、日本なら約0%ですが、アメリカでは約2.4%(米国国債3ヵ月金利)と、通貨ごとに異なります。また、通貨が異なる場合は為替変動による影響も評価しなければなりません。ですから、通貨が異なる商品でシャープ・レシオを比較する場合は、リターンを同じ通貨に換算して計算する必要があります。

・同じ期間の比較に使う
シャープ・レシオを比較する場合、必ず同じ期間のデータを使います。シャープ・レシオは、一定の期間に紐付くため、異なる期間を比較してもあまり意味がありません。例えば、ファンドAは2008年のリーマンショックを含む、ファンドBはリーマンショックを含まないでは、単純に運用成績を比較できないからです。

・ポートフォリオを決める際にも活用できる
前述したように、シャープ・レシオは、基本的には同一アセットの商品を比較するために使います。しかし、分散投資をする場合は別です。仮に株式100%ではリターンは高いがリスクが高すぎるという場合、「どのアセットにどれぐらい投資するか」を決める際にも利用できます。

例えば、株と債券を組み合わせて投資する場合に、シャープ・レシオ、リスク、リターンの数字を見て、何%ずつ保有すればいいのか、配分を決める際に活用します。

・未来を保証するものではない
シャープ・レシオは、過去の一定期間に紐付くものなので、過去の数値が良かったからといって、未来も良い数値になるとは言い切れません。将来も同じようなリターンが望めるかどうかは、別に見定める必要があります。

・自分に合った投資商品かどうかは判断できない
シャープ・レシオは、投資商品選びの判断基準のひとつです。しかし、自分に合った商品アセットかは、この指標だけではわかりません。

例えば、日本国債や米国国債のシャープ・レシオが高かった時期がありましたが、それはリターンが良かったからではなく、リスクがあまりに小さかったからです。この場合、リスクをとって高いリターンを狙いたい投資家向きの投資商品とはいえません。

シャープ・レシオ、自分のとれるリスク、希望するリターンを同時に考えていくことが重要となります。

(出典 アライアンス・バーンスタインホームページ)

 

シャープの測度とも言う。ファンドのパフォーマンス(運用成績)を測る尺度の一つ。負担したリスクに対してどれだけのリターンが獲得できたかを示す。大きいほど良い。

シャープ レシオ=(リターン-無リスク証券リターン)÷リスク(標準偏差) を各市場の時価総額で加重平均して指数化したもの。

(出典 三菱アセット・ブレインズホームページ)

 

リスクに対してどれだけの収益を上げられたかを示す指標で、投資信託の運用評価においてよく用いられます。数値が大きいほど評価は高くなります。
投資においては、さまざまなリスクがあります。シャープ・レシオでは、過去の一定期間における価格変動の大きさ(標準偏差)をリスクとし、それに見合ったリターンを得ているかを表しています。

(出典 福島銀行ホームページ)

 

シャープレシオとは、投資信託の運用成績を測るための指標のひとつで、リスクがある上で運用した結果、安全資産から得られる利益がどれくらい上回るのか比較できるようにしたものです。同じ運用実績であっても、標準偏差で表される価格変動リスクがことなれば、シャープレシオが違ってきて、そのファンドに対する評価も異なります。極端にリスクを取っていない運用で高くなる傾向があり、分散型のファンドの値が高く出たりします。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

収益とリスク(標準偏差)の関係を表す指標で値が大きい程良好とされます。

(出典 セゾン投信ホームページ)

 

リスク調整済みリターンを計測する指数のことを言います。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

シャープレシオとはファンドがリスクに見合った収益をあげているかどうかを評価するために用いられる指標のことです。アメリカの経済学者であるウィリアム・シャープ博士によって考案されました。「効率係数」とも言われます。

ファンドの収益率(超過リターン)をリスクを表わす標準偏差で割ることにより、リスク1単位当たり超過リターンを算出します。

シャープレシオはファンドの運用成績を評価する場合に広く用いられており、この数値が大きいほど運用成績が優れていることを示しています。

(出典 auアセットマネジメントホームページ)

 

シャープレシオはリスクに見合ったリターンが得られているかを表わす指標です。シャープレシオの数値が大きい方が、ファンドのとったリスクに対してリターンが大きい、つまり効率よくリターンを上げている、優れた運用がなされていると評価されます。なお、シャープレシオは投資対象により大きく変化する可能性がありますので、できるだけ投資対象が同一のファンドの間で比較する必要があります。

シャープレシオ=(トータルリターン-安全資産利子率)÷標準偏差

(出典 モーニングスターホームページ)

 

投資信託が標準偏差に対して、どの程度の超過収益率(分配金も含む)を得られたかを示す指標です。超過収益率とは、投資信託の騰落率から安全資産の収益率を控除したものです。超過収益率が高く、標準偏差が小さくなるほどシャープレシオの値は大きくなり、運用効率が良いことを示します。 算出式は、(対象期間の平均騰落率-安全資産の収益率)÷標準偏差 となります。

(出典 りそなグループホームページ)

 

リターンを得るためにどのくらいのリスクを取っているかを測る際に用いられます。この数字が大きいほどパフォーマンスが良いとされてます。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

リスクに見合ったリターンを得ているかを表す指標で、リスク尺度にリターンのブレの大きさ(標準偏差)を使用します。数値が大きい方が高い評価となり、多くの投信評価会社がパフォーマンス評価基準として採用しています。

シャープ・レシオ=(ポートフォリオの収益率-無リスク資産の収益率)÷ポートフォリオの収益率の標準偏差

(出典 SBI証券ホームページ)

 

パフォーマンス評価指標のひとつです。リスクを考慮したリターンであり、価格変動性を示すリスク(標準偏差)1単位あたりのリスクフリーレートに対する超過リターンから計測されます。一般的に、シャープレシオが高いほど運用の効率性が高いとされています。

(出典 SMBC信託銀行ホームページ)