銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

社債間限定同順位特約とは

社債間限定同順位特約とは、発行体が同じ複数の無担保社債の間でそれぞれに不利が生じないように付ける特約のことです。たとえば、最初に無担保の社債を発行した後に、同じ発行体から有担保の社債が発行されてしまうと、最初の無担保社債の債権者は、有担保の債権者よりも請求権で劣ってしまうことになります。そのようなことが起こらないように、後に有担保債券を発行する場合には、同等の担保をこれまでの無担保債券にも設定することを定めたものです。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

無担保社債には、元利金や償還金を支払う為の担保は、元々設定されていない。「社債間限定同順位特約」とは、発行者が、当該社債の所有者の元利金や償還金を受け取る権利を保護する為に、当該社債以外の社債に対して担保を自由に設定しない約束をし、担保を設定する場合には、当該社債にも同等の担保を設定することを指す。

(出典 野村證券ホームページ)

 

社債間限定同順位特約とは、同じ発行体が発行した複数の無担保社債間において、利金や償還金の受取りに有利不利が生じないようにする(受取る権利を保護する)為に付与される特約です。

もともと無担保社債には、利金や償還金を支払う為の担保は設定されていません。
ですので、例えば、ある無担保社債を購入した後に、同じ発行体が有担保社債を発行すると、当該無担保社債保有者の債権者としての立場は、有担保社債保有者よりも劣ることになります。
そうした事態が起こらないよう、他の社債に担保を自由に設定しないとあらかじめ定めたもの、あるいは担保を設定する場合には当該社債にも同等の担保を設定することを定めたものが同特約になります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

社債間限定同順位特約とは、当該社債以外の社債に対して、担保を自由に設定しない約束を取り付け、担保を設定する際には当該社債にも同等の担保を設定するということを指します。これは、発行者が当該社債の所有者の、元利金や償還金を受け取る権利を保護するために作られた物です。そもそも無担保社債には、元利金や償還金を支払うための担保は設定されていないので、こういった特約が出来所有者の権利を保護するようになっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

無担保社債の所有者の元利金や償還金を受け取る権利を守るため当該社債以外の社債に対して担保を自由に設定しないこと、また、担保を設定する場合には当該社債にも同等の担保を設定することを約束することです。

(出典 SBI証券ホームページ)

 

無担保社債の場合、発行会社が当該社債の所有者の元利金や償還金を受け取る権利を保護するために、発行会社が発行する当該社債以外の社債に対して担保を自由に設定しないことを約束し、担保を設定する場合には、当該社債にも同等の担保を設定する特約

(出典 丸三証券ホームページ)