銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

上海A株(しゃんはいえーかぶ)とは

中国本土の上海A株市場に上場されている、中国企業株のこと。上海A株市場は、もともと中国国内投資家向けの市場であり、以前は、中国本土投資家と特定の条件を満たし、中国当局から許可を得た海外の機関投資家のみ投資可能であった。2014年11月以降、「上海・香港ストック・コネクト」の開始に伴い、香港の証券取引所を通じて海外の個人投資家による直接取引が可能となった。人民元によって売買されている。

上海B株、深センA株、深センB株等と共に代表的な中国株式の一つ。

(出典 野村證券ホームページ)

 

上海A株は、中国本土のみの国内投資家向け(外国人はもちろん、マカオや香港、台湾などの投資家も取引できない)の中国企業株のことです。人民元で取引されています。それに対し、外国人投資家が取引できるB株があります。(上海B株は米ドルで、深センB株は香港ドルで取引されている)A株とB株は全く同じ権利を持っており、取引価格に違いはありません。ほとんどの上場企業はA株に上場しており、B株に上場している企業は数パーセントにとどまっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

上海証券取引所で取引されているA株全銘柄の動きを表す時価総額加重平均型の株価指数。
1990年の12月19日を基準値(100)として算出されています。A株は人民元建てで、もともと国内投資家と特定の条件を満たし、中国当局から許可を得た海外の機関投資家のみ投資可能でしたが、2014年の11月に開始 した「上海・香港ストック・コネクト」に伴い、香港の証券取引所を通じて海外の個人投資家による直接取引が可能となりました。

(出典 大和証券ホームページ)

 

上海市場に上場されている中国企業株のことです。中国本土投資家のみが投資可能で、人民元によって売買されています。

(出典 auカブコム証券ホームページ)

 

上海市場に上場されている中国企業の株式のうち、人民元建てで取引をされているものをA株といいます。

資本取引や為替取引等を管理する目的から、もともと中国国内の投資家向けの市場でしたが、一定の要件を満たすことで特別に認められた海外の機関投資家(QFII/適格海外機関投資家)も、取引をすることができるようになりました。
2002年にQFII制度が創設され、2003年からQFIIの認可・開放が始まりました。徐々にQFIIによる投資枠が拡大されています。

QFIIの投資枠取得により、上海と同時に深セン市場でも、人民元建てで取引されているA株に投資が可能となります。

一方外貨建てで取引されている株式をB株といいます。上海市場では米ドル建て、深セン市場では香港ドル建てで取引されています。元々は外国人投資家向けとしてスタートした市場です。こちらは2001年に中国国内の投資家にも解禁されました。

(出典 大和アセットマネジメントホームページ)